タミフルの予防投与で起こる副作用と発症について

タミフルの予防投与も治療時と変わらず副作用はでる

タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑えることによってその症状を緩和して治癒までの時間を早めるといった薬です。インフルエンザ発症後すぐに服用すれば症状を緩和して治癒までの時間をはやめることができ、また事前に服用していればウイルスの増殖を抑えることができるため予防に使うことができます。

治療目的の場合には健康保険の対象となりますが、予防投与はあくまでも患者が予防で行うことであり自己負担になります。
インフルエンザの予防は、タミフルの予防投与とワクチンの接種の2種類です。タミフルの予防投与は、服用中の7日から10日間がもっとも予防効果があります。対してワクチン注射は5ヶ月程度の効果が持続するため予防を目的とする場合にはワクチン注射が一般的です。

しかし、予防投与は、仕事を休めないある決まった時期がある場合、その期間だけ集中的にインフルエンザの予防を行う事がでるのがメリットです。予防投与の期間は効果がある期間は1ヶ月程度です。

メリットが有る一方で、タミフルには副作用が出ることがあります。インフルエンザの治療時と同じように予防投与でも副作用がが出るリスクがあるので注意が必要です。

タミフルの予防投与で発症する副作用

タミフルを服用した場合の副作用で頻度の多いものは腹痛・下痢・吐き気です。一方で重篤な副作用を起こすことも報告されておりアナフィラキシーショック・肺炎・劇症肝炎・肝機能障害・黄疸・皮膚粘膜眼症候群・中毒性表皮壊死融解症・急性腎不全・白血球減少・血小板減少・精神・神経症状・出血性大腸炎・虚血性大腸炎などがあります。これらの発症頻度は極めて小さいものですが、このような症状が出た場合には服用を中止して病院で治療を受けることが重症化させないためにも大切です。またタミフルといえば異常行動が知られますが、これらは因果関係は不明です。ただし子どもに投与した場合に見られるため未成年者に使用する場合には未成年者を一人にしないようにする必要がありますし、また異常が見られる場合には病院で診断してもらう必要があります。大人が服用して出る副作用は腹痛・下痢・吐き気ですが、これらは体内からウイルスを排除しようとする働きですが、症状が重い場合には医師に相談して投与を続けるか判断することが大切です。