子供がインフルエンザに!タミフルを飲んで治療する

子供がタミフルを飲まない理由

タミフルは、インフルエンザの治療や予防で高い効果を示す薬です。

しかし、子供が嫌がって飲まないことも多く、その理由は薬の味がとても苦いということが挙げられます。

子供は、薬剤の大きさ等の理由で、大人用の錠剤を飲むのが難しいです。そのため、粉末であるドライシロップが処方されますが、このドライシロップが苦く、子供から嫌われる理由となっています。

タミフルのドライシロップは、錠剤と違って味が伝わります。

これを嫌がり、無理に飲ませようとしても吐き出してしまうのです。

インフルエンザの症状が軽い場合は、タミフルを無理に飲ませなくても大きな問題になりません。しかし、重篤であれば、飲み切る必要性があります。

子供が飲みやすいように甘みが付けられている薬もあるので、それに慣れてしまっているとなかなか飲ませることが難しいです。

タミフルのドライシロップを飲ませるには、苦みを感じさせないようにすることが重要です。

また、味を変えても完全に苦味はなくなりません。子供は、一度苦いと知ると嫌がってしまうので、工夫が必要になります。

薬の苦手な子にタミフルを飲ませるコツ

タミフルを子供に飲ませるコツは、苦みを感じにくくなる食べ物や飲み物と混ぜることです。

チョコレートアイスやイチゴ味のヨーグルト、ココアやオレンジジュースなどにタミフルを混ぜると良いでしょう。

他には、服薬を助ける服薬ゼリーも市販されています。

タミフルを飲ませる際、一度にまとめるのではなく、少しずつ飲ませましょう。飲めたら褒めてあげるのが良いです。

子供は、何のために必要なのか分からないまま、無理やり飲ませるのも嫌がります。

自分で我慢して飲むようになるように、タミフルを飲む理由を説明してあげると良いでしょう。

また、何にでも混ぜて味を変えれば良いというものでもありません。

バニラアイスやリンゴジュース、乳酸菌飲料の場合は味が変わってしまうので、逆に飲みにくくなってしまうののです。

主食に混ぜると、子供が苦みを記憶してそれ以降に食べなくなる恐れがあるので、避けましょう。